オオクワ館アプロ

ビークワギネス86.6mmに魅せられてオオクワガタ飼育にはまりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とりあえず羽化しました。

少し前ですが3月5日にKOK新年会が開催されました。
虫蔵さんにも参加していただき楽しい会になりました。
さて、鷹会長の15年9月24日のエントリーにあります超早期メスですが我が家で2頭羽化しました。
自己ブリ分は14年8番の85ミリとトシクワさんの14年5番の51ミリをペアリングさせました。
9/12  AG
11/30  ♀B  15.9g
1/5  マット  16.0g
2/23  羽化  
こちらは残念ながらやや上翅が開いてしまいましたが51ミリてとこです。
もう1頭♀幼虫がいましたが☆となりました。
ペアリングできれば幼虫を採ってみようと思います。
鷹会長よりいただきました幼虫は
会長の現時点での最高傑作の86.1ミリと14NY06の52.5ミリです。
10頭いただき6頭オス 3頭メス 1頭消失でした。
その中の1頭ですが

10/4  AG
1/5   ♀B  14.8g
2/末 羽化   48ミリ
サイズは小さいですが羽化しました。まぁ小さい分成熟は早そうですが。
残りの♀は現時点で1頭蛹、1頭はバリバリ幼虫です。
合計で5頭で超早期にトライして2頭羽化でした。もう少し前準備してたら羽化確率は上がったかもしれません。
メリットとしては成績の良かったペアの子供を翌年に使う事で累代が早まる事でしょう。
今年もう一度超早期トライしたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/30(水) 17:36:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。